ESXiにSSHでパッチを当てる

Shimer-System開発関連

もう触ることはないだろうと思ってたけど、訳あり環境でパッチをSCPでアップしてESXiにあてることになった際の手順メモです。
ESXiツールでパッチをアップするのが簡単なのかもしれませんが。。。

手順

以下のサイトからパッチをダウンロード
(なぜか日本語URLだと検索できないので要注意・・・)

クライアントツールでログインしてsshを有効にします。
(ホストメニューのアクション→サービス→SSH有効化)

scpでファイルをアップロード

$ scp ./ESXi650-201912001.zip root@IP:/vmfs/volumes/datastore1

sshでesxiに接続してメンテナンスモードに切替

$ ssh -l root IP
$ vim-cmd hostsvc/maintenance_mode_enter

現在のバージョンを確認

$ esxcli system version get

パッチを適用&再起動

$ cd /vmfs/volumes/datastore1
$ esxcli software vib install -d "/vmfs/volumes/datastore1/ESXi650-201912001.zip"
$ reboot

クライアントツールでログインして右上のヘルプからバージョンが上がったこと確認します。

おまけ)はまったこと

普通はこんなことやらないと思いますが、/tmpにパッチをアップすると壊れる?みたいでインストールがうまく行かなくなります。。。↓はその時のエラーログです

[root@localhost:~] esxcli software vib update -d "/vmfs/volumes/datastore1/ESXi650-201912001.zip"
 [MetadataDownloadError]
 Could not download from depot at zip:/vmfs/volumes/datastore1/ESXi650-201912001.zip?index.xml, skipping (('zip:/vmfs/volumes/datastore1/ESXi650-201912001.zip?index.xml', '', 'Error extracting index.xml from /vmfs/volumes/datastore1/ESXi650-201912001.zip: File is not a zip file'))
        url = zip:/vmfs/volumes/datastore1/ESXi650-201912001.zip?index.xml
 Please refer to the log file for more details.

[root@localhost:/vmfs/volumes/5f49af6f-718d0990-b7ec-00e0ed93a048/ESXi650-201912001] esxcli software sources profile list -d /vmfs/volumes/datastore1/ESXi650-201811001.zip 
 [MetadataDownloadError]
 Could not download from depot at zip:/vmfs/volumes/datastore1/ESXi650-201811001.zip?index.xml, skipping (('zip:/vmfs/volumes/datastore1/ESXi650-201811001.zip?index.xml', '', 'Error extracting index.xml from /vmfs/volumes/datastore1/ESXi650-201811001.zip: File is not a zip file'))
        url = zip:/vmfs/volumes/datastore1/ESXi650-201811001.zip?index.xml

ちゃんと「/vmfs/volumes/」の下にアップしましょう。scpじゃなくて、ちゃんとツールの画面からアップロードすればこんなことにはならなかったのでしょうが。。。無駄にはまりました

©2018 LLC Shimer-System.
image/svg+xml